宇佐美りん『推し、燃ゆ』を読んだ。

久しぶりにこのブログを開いた。誰かが見てくれているのかも、見てる人なんてひとりもいないのかもわからないブログだけれども、どうしてもこの本のことを誰かに話したかった。

ある日、推しがファンを殴ったというニュースからこの本は始まる。ネタバレを避けたいので、詳しいあらすじはここで載せない、ぜひ本を手に取って読んでみてほしいと思う。

一冊を通じて、推しに祈るような、全てを捧げるような、そんな姿が描かれる。推しは背骨だ。
私も、小学生の頃はAKB48大島優子に憧れ、KARAにはしゃぎ、ももクロを口ずさみ、そして思春期の背骨はKPOPだった。1分1秒でも長く推しを眺めていたかった。彼が幸せであればという願いが、私の中でなによりも純粋な祈りだった。だから、主人公の彼女の気持ちは痛いほどわかる。

けれど、それよりも、なによりも痛みを伴って私にこの本を読ませたのは、「ふたつほど診断名がついた」彼女の生きづらさだった。人の疾患を推測することの無礼さを知っていながら、あえて彼女の診断名を推測するなら、発達障害学習障害あたりになるのではないかと思う。提出物が管理できない。持ち物を忘れる。部屋はすぐに汚れて、タスクが多いとあっという間に頭が埋まって動かなくなって、洗濯物を部屋に持って戻ることすら誰かにせっつかれないとままならない。

生活をこなせないその姿に、私だと思った。アイドルの話だろうかと油断していた心にぶすりと棘が食い込んだようだった。

私はADHDの診断を受けている。副作用がひどく、薬は飲まなくなった。大学の留年スレスレを這っている。世界は私にとって迫ってくるもので、生活はあまりにも煩雑だ。でもそんな自分認められないから、目を逸らしている。逸らした先で読んだ本に、刺された。

生きづらくても、上手くこなせなくても、生活は続く。そうしたいわけじゃないのにわけじゃないのにしょっちゅう何かをこぼす。こぼしたものは自分で拾わなきゃいけない。苦しくて、縋った先の推しは永遠ではない。

彼女が、それが推しでも推しじゃなくても、縋れる杖が見つかればいいと思った。わたしたちに杖なしで生きられる日は来ない。