音楽

難波江の芦のかりねのひとよゆゑさらばすべてのエヴァンゲリオン

さらばすべてのエヴァンゲリオン、という下の句が優秀だと聞いたので使ってみた。 難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき ワンナイトがうまくできない。人を知ると、好きになる。もっと知ると嫌いになる。私は誰でも好きで、誰で…

はみだしもの

1年遅れの入学式へ行った。みんな、たくさんの集団に分かれて大きな声で喋っていた。わたしはそっと人混みをすり抜けて、1人できていた女の子をナンパし連れ立って会場に入った。彼女はサークルに所属しているらしかった。わたしは所属する場所をひとつも持…

アイドル、偶像

ここ最近、自分の中で、アイドルを整理し再定義する作業をしていた。思春期からこちらKPOPを追っている。アイドルはしばしばSNSで非難の的となる。私の覚えているところの最近では、コロナ禍でクラブに行っただとか、友人とのLINEが流出しただとか。恋人が匂…

最近

最近は、なんだか色々と大変だった。雛市女王蜂ロック¥255provided courtesy of iTunes 凝り固まった価値観が毎日に弊害をもたらすのはいつものことで、中高で叩き込まれた「賢くあらねば」「強くあらねば」みたいなプライドと、ほんものの疲れ切った私との…

ホヤと日本酒に合う音楽5選

兄が、お世話になっている人にいただいたので、今日は初めてホヤをつまみに食べた。これもお世話になっている人からいただいた辛口の日本酒を紙コップに、指先でつまむホヤは美味しかった。味は牡蠣に似ているし、食感はホタテに似ている。幸い、実物を知っ…

いつだって聴ける音楽

2ヶ月くらい前、CDを買った。業者を通して買ったので、リリースから手元に届くまでかなり時間がかかった。『in a dream』。バイ、トロイ・シヴァン。恋の幸福はどこへやら、なんとなく寂しさや孤独を感じるアルバムだった。なんとか走ってきた人が、ふと足…

大森靖子は神様だった

大森靖子は神様だった。息をするのも苦しかった高校時代、いつも大森靖子を聴きながら坂を登っていた。「死神」「VOID」「きもいかわ」「流星ヘブン」「マジックミラー」「君に届くな」...「新作とかもうでなきゃいいのに 変わらない私が 古くなっていくみた…

あとは夢を見るだけ

今日は1日うつらうつらしていた。どうも腹と胃の調子が悪く、自分を労ることにだけは長けているわたしなので。 今日は疲れたし、チョイと早目に 電気を消してほら今フェードアウト 目をつぶってwas good dayならあとは見るだけええ夢 罰当の『was good day』…

亡骸を愛する話、「ELLEGARDEN」

気がつけば人に伝える言葉ばかり考えている。来月誕生日を迎える友人へのメッセージ、溜まっているLINEの返信。そんなものがくるくるくるくる脳内をかけめぐって何処かへ行ってくれない。暇さえあればくるくるくる。 多分世界と繋がりたいのだ。世界とつなが…

「ヤングアダルト」、リストカットの話

夜を越えるための唄が死なないように 手首からもう涙が流れないようにマカロニえんぴつ「ヤングアダルト」 一度だけ手首を切った。たしか親と言い争った日だった。たぶん高校生か中学の終わりで、中学一年性の希死念慮に囚われていたときのことを「頭がおか…

「踊ってばかりの国」、好奇心がとどまるところを知らない話

踊ってばかりの国は、サイケデリックロックンロールに分類されるらしいと知ったのは昨日のことだ。 サイケデリック・ロックは、1960年代後半に発生し流行したロック音楽の派生ジャンル。主に、LSDなどのドラッグによる幻覚を、ロックとして再現した音楽のこ…

アーバンギャルドを聴きながら死にたい "平成死亡遊戯"

https://youtu.be/T7pqp-pFhhA もうすぐ平成が終わる。平成が終わっても何も変わらないけれど。 友だちに勧められて聴いたのが"平成死亡遊戯"だった。 なにが好きって、鋭くも浮遊感のある歌詞から、どこかノスタルジックな音から、MVから、全部としか言い…

some life の2nd albumが最高だったから全人類聞いてほしい

tower.jp some lifeというバンドを知っているだろうか。 忘れもしない'17未確認フェスティバル。あのステージを見て以来彼らの虜である。 なにせエモい。エモい。あまりにもエモい。 見た目に反してボーカルの声は優しい。歌詞もなんとはなしに優しい。大き…